• トップ
  • 院長の挨拶
  • 当クリニックの特色
  • 初めて受診される方へ
  • 附属カウンセリングセンター
  • Q&A

お知らせ

2020/6/1 

診療時間変更可能性のお知らせ

診療時間変更可能性のお知らせ

新型コロナ対策の特別診療体制を段階的に変更していきます。
診療時間が日によって変動する可能性がありますので、ご了承下さい。
ご理解とご協力をお願い申し上げます。

2020/5/25 

5月26日初診予約は延期します

コロナ対策の特別診療体制中です。5月26日(火)の初診予約はありません。
6月末に延期します。決まり次第、ホームページでお知らせします。

2020/5/15 

6月休診日のお知らせ

6月の休診日は、18日(木)から21日(日)までです。
なお、コロナ関連の状況の変化で変更がある場合は、お知らせ致します。
6月17日(水)は休診と先日お知らせしましたが、診察致します。

よろしくお願い致します。

2020/5/11 

初診予約受付の変更

当クリニックでは、新型コロナウイルス対策の特別診療体制を5月末日まで延長しました。従いまして、5月下旬に予定していた初診予約受付を、6月下旬に延期します。詳細は、決まり次第、ホームページでお知らせ致します。

4月、5月にご予約頂いた初診の方々の診察は現在延期となっておりますが、6月から再開する予定です。それらの方々には、順次再予約のご連絡を差し上げる予定です。

よろしくお願い致します。

2020/4/27 

コロナ対策の特別診療体制を5月末まで延長しました。

4/27、コロナウイルス対策のための、特別診療体制を5月末まで延長しました。
6/1以降については、状況を見て判断し、お知らせします。

2020/4/20 

緊急のお願い(No.2)

2020/4/4付の「緊急のお願い」に続いて、4/6(月)から5/10(日)の期間(休診日を除く)の診療について、追加のお願いです。

当クリニックでは、当面、診察は、可能な範囲で、通常の面接を控え、処方箋郵送に切り替えることをお願いし、このための電話連絡を順次させて頂いているところです。
新たなお願いは、以下の通りです。

処方箋郵送への切り替えの結果、当クリニックの診察件数が減少していきますので、診療時間も短縮させて頂きます。
 ご不便をおかけしますが、ご理解とご協力をお願い申し上げます。

○来院される方は、来院前に検温し、37.5℃以下であること(平熱の低い方は+1℃以下)を確認し、マスク着用で、予約時間に合わせた来院にして下さい。発熱している場合は、来院を中止して下さい。

○来院時、当クリニックはビルの2階ですので、感染リスクを下げるため、エレベーターの使用を避けて、外階段をご利用ください。
不都合があれば、これまで通り、エレベーターをお使いください。
 以上
 院長

2020/4/3 

緊急のお願い

新型コロナ感染対策として、診療体制を変更します
4月3日、政府の新型コロナウイルス感染症対策専門家会議のメンバーである北大の西浦博教授は、東京の現状は「現在の外出自粛による人の接触2割減」では感染爆発は抑制できない、しかし、「外出制限を強めて人の接触8割減」が達成できれば、感染発生が減少に転じ、感染爆発の抑制も可能であるとの見解を発表しました。
 この発表を受けて、当クリニックでは、通院中の皆様及びそのご家族・ご友人の命と安全を守るために、政府の緊急事態宣言を待つことなく、4月中は直接の来院による診療を極力控えることをお願いします。
4/6(月)から5/10(日)の期間(休診日を除く・「休診日のお知らせ」を御参照下さい)の診療は、以下の通りです。
<診察>
○診察は、可能な限り、通常の面接を控え、処方箋郵送に切り替えます。
○来院される方は、来院前に検温し、37.5℃以下であることを確認し、マスク着用で、予約時間に合わせて、ご来院下さい。発熱している場合は、来院を中止して下さい。
*診療日は、院長は在院しますので、必要な場合、短時間の電話診察に対応します。
<検査>
○全ての心理検査は、5/12以降に延期します。
脳波検査は、5/12以降に延期します。
<カウンセリング>
○カウンセリングは、全て電話カウンセリング(20分間/回)に切り替えます。

以上、ご理解とご協力を心よりお願い申し上げます。
なお、緊急事態宣言など、状況が変化した場合、上記の内容を変更することがあります。 院長

2020/2/18 

2020年6月末までの初診予約受付は終了致しました

2020年6月末までの初診予約受付は終了致しました。
次回、2020年7月から9月までの初診ご予約受付は、2020年5月下旬を予定しております。確定後、ホームページでご案内致します。

なお、以前から当院に通院中の方は、通常通りご予約頂けます。
また、カウンセリングも1、2か月以内にお取りすることが可能です

2019/5/25 

大人の発達障害、アスペルガー症候群の方たちへのカウンセリングについて

大人の発達障害、アスペルガー症候群の方たちへのカウンセリングについて

「仕事に就いてから、急に物事や対人関係が思うようにいかなくなった。」「結婚してから、相手とのコミュニケーションが上手くとれないことに気付いた。」「大人の発達障害、アスペルガー症候群かもしれない。」そのような悩みをお抱えの方たちに、当カウンセリングセンターでは専門的な支援を提供します。
 成人になってから気づかれるアスペルガー症候群などの発達障害の場合、その方がおかれている状況、職業、立場によって、必要な支援は千差万別です。大人の発達障害、あるいはその疑いをお持ちの方たちの様々な悩みや困り事について、経験豊かな、長年大学講師を務めたカウンセラーがその方にふさわしい対処の仕方を見出すためのご相談に応じます。
 内容は、対人関係の持ち方から、仕事や作業を進めるうえでの工夫、感情の表現や受け止め方の吟味、ものの見方や考え方の転換等、その方の発達上の個性を生かした、きめ細かいものです。
 また、認知科学や脳科学研究の成果を踏まえたカウンセリングを行うことも、立川パークサイドクリニック附属カウンセリングセンターの特徴です。
 ご予約、お問い合わせはお電話で承ります。

2019/5/9 

当院の初診予約方法

当院の初診予約方法

当院では、初診のご予約は随時お受けしておりません

3か月に一度、日時を決めて、その時間帯に電話でのみ、初診予約をお受けしております。
5月下旬に7〜9月の、8月下旬に10〜12月の、11月下旬に翌年1〜3月の、2月下旬に4〜6月の初診予約を受け付けます。日時はその月の初めにはホームページあるいは電話でお知らせ致します。

なお、当院では時間をかけて診察を行うため、一日にお受けできる初診の方は1名のみです。
初診の方の診察枠は、
 水曜日 14時30分〜
 金曜日 14時30分〜
 土曜日 11時30分〜
  (月曜火曜なし、木・日曜は休診です)となっております。
(2019年7月から上記に変更)

ご都合のつく曜日を予めお決めになってからお電話頂けると大変助かります。
なお、診察の時間は1時間前後を予定しておりますが、再診の進行具合によりお待たせすることがあります。余裕の取れる日時をご準備下さい。

また、自立支援医療(精神通院)をご利用中の方は、初診予約時にその旨をお伝え下さい。必要な手続きについてご案内致します。

予約時に他の医療機関(精神科・心療内科、その他)に通院中か、大人の発達障害についてのご相談が含まれるかどうかについてもお伺い致しますので、予めご了承下さい。(それらのことが受付の順番等に影響することはありません。)

なお、当院は通常の保険診療費とは別に、初診時に予約料が10,000円(税別)<2019年4月より>かかります。これは認可されたものですが、各種の医療費助成制度の対象にはなりませんので、ご承知置き願います。

2015/3/1 

精神科や心療内科を初めて受診される方へ

内科や外科の診察なら想像できるが、精神科や心療内科の診察はイメージがわかないので、と受診をためらう方もいらっしゃるかもしれません。
 そこで、立川パークサイドクリニックの初診の流れをご説明します。

1.初診の予約
 当クリニックは完全予約制です。現在3か月に一度、2か月から5か月先のご予約を日時を決めて受け付けております。ホームページのお知らせ欄でご案内が出ますのでので、まずそれをご確認下さい。
2.初診の当日の流れ
ー付: 「問診表」の記入があります。来院は15分前に。
 受付では、「問診表」をお渡ししますので、ご記入ください。
 診察を開始する前に、待合室で、「問診表」に、住所、お名前などの基本的な情報と来院の理由など、質問項目に、書ける範囲で、ご記入頂きます。内科等他で処方されているお薬があれば、「お薬手帳」があると便利です。

待合室
 当クリニックは完全予約制です。待合室には貴方だけか、ごく僅かの会計待ちの方がいらっしゃるだけですので、プライバシーは守られます。座り心地を配慮した椅子と静かな音楽の流れる落ち着いた空間で、診察開始までお待ちいただきます。

診察
 問診表が仕上がると、院長が診察室にお呼びして、診察が始まります。診察の内容は、面接が中心となります。面接では、あなたがお困りのことや悩みについて、充分な時間をかけて伺います。必要に応じて以前の病気や怪我のこと、生まれてから現在までのこと―これには学校生活や職場の様子、家族や友人関係のことなどが含まれます―もお聞きします。
 面接の後に、神経学的診察を行います。これは脳機能や神経系の異常が隠れていないか、目や手足の動き具合や反射を調べるものです。
 最後に、診察の結果に基づいて、診断と今後の検査、治療の計画、見通しについてお伝えします。特に薬が必要な場合は、処方する予定の薬について、その効果と副作用について説明します。気がかりなことなど、遠慮なくご質問下さい。
 
ず匿任陵縮 
 治療の方針をお聞きになって、当クリニックでの治療を続けることが適切だと双方が合意した場合に、次回の診察(「再診」)の予約となります。再診までの間隔は、薬の効果・副作用の判定や検査予定によって様々ですが、1,2週間後となります。

3.初診時の検査
 当クリニックでは、臨床検査技師による血液検査、心電図検査、脳波検査を行っています。
 血液検査と心電図検査で、身体状態のチェックを行います。
 脳波検査は、脳の働き具合を調べる無害、無痛の検査です。小さなクリニックでもできる手軽な検査ですので、当クリニックでは、診断の補助や薬の選択のヒントが得られる検査として初診の方にお勧めしています。眠気を催した状態での脳波はそれだけ情報が増えますので、検査には約1時間をかけております。脳波検査の結果は、検査当日、院長が説明します。
 また、必要に応じて各種の心理検査をカウンセラーが行います。
 これらの検査は後日、ご希望の日時を調整して行います。

4.初診の終了
 診察の終了後は、待合室に戻っていただきます。会計の準備が整いましたら、医療秘書が、お声をかけます。次回のご予約についての具体的な時間のご希望は医療秘書が承ります。
 初診時費用は健康保険で3割負担の方なら約3,000円に、初診時予約料がかかります(薬剤費・検査費用は別途)。
 薬は院外処方なので、ご都合のよい薬局をご利用ください。

5.お願い
 当クリニックでは、長い待ち時間や待合室の混雑を避けるために、初診も再診も完全予約制をとっております。特に初診の場合には、充分な診察時間を確保するために、1日に診察できる方は1名のみです。当クリニックでの診察をご希望の方が非常に多いため、初診の御予約は2,5,8,11月下旬に、4〜6、7〜9、10〜12、1〜3月の初診を、日時を決めて電話でのみ、受け付けております。開始日時については決まり次第ホームページ上でお知らせ致します。

page top